ボートシャトル

楽しい~アシュフォード・ジャックルーム

生徒さんの作品を紹介させていただきます。 卓上織り機の受講から始まって、 ラ・メールルーム講師認定講座を卒業され、 今は認定講座上級クラスへ。 そして、多綜絖織りのレッスンも受講されて、 ヤル気満々の生徒さん!! ついにジャックルーム購入 その後、精力的に次々と織って、 本当にたくさんの作品を仕上げておられます。 感心~感心~ 素晴らしい! Instagramの記事をリポストさせていただきます。 […..]

アシュフォードのボートシャトル

ずっとグリモクラ製のボートシャトルを使っていました。 ボビンにたくさん糸を巻くと、シャトルより上に糸巻きが出るのでシャトルを飛ばした時に経糸に触れてしまいスムーズに動きません。 もう少し下の方に軸の棒が有ればいいのに何故この位置にしたのでしょうね。 シャトルの厚みの半分の高さのところに軸が有ればパーフェクトだと思うのですが…訳があるのかしら…? 多分、カウンターマーチの織り機は 開口が大きいからで[…..]

ページトップに戻る