藍の生葉染め

楽しいワークショップに参加しました音譜

ラ・メールの伊藤実代子です。
京都市左京区の古民家 五右衛門。
またおじゃましましたニコニコ
今回は
「藍の生葉染め」
フレッシュな藍の葉っぱで染める
夏限定の染色です。
まずは長靴を履いて畑に入ります。
たくさんの愛情を受け、
元気に育っています!
{0C918014-A2D2-4680-A01B-435C4191A489:01}

藍の茎を20㎝程の長さでカット。

{A6C70597-D148-44AA-867C-8321C91E4A87:01}

葉っぱをちぎり、少し細かくします。


{FAF009A9-0296-4D39-A866-B6395C9992C7:01}

枝は、お水に挿しておきます。

持って帰って育てますよ。


お水を入れてミキサーにかけ、
水切りネットで濾します。
{DD7C2E11-C1EC-41BA-817B-D480B87233B6:01}

{28AB3C07-46F2-4530-9B40-9E9A47A112BC:01}

{24B8216C-B8A6-4237-B72B-C97A1C3C86B2:01}

かたく搾って

青汁をジッパー付きの袋に入れます。
湿潤、脱水したシルクの布を投入!
ジッパーを閉じて、つけ置き。
よーく染み込ませて。
{3345D50B-F546-4F40-B245-A50057AE148D:01}
藍の液が空気に触れて酸化するのを防ぐために、
ジッパー付きの袋に入れるのが秘訣。
そして、もう一つの秘訣は、
すべての作業は、

素早く!



さて、つけ置きして数分後、絞って広げます。
空気に触れると、色が変わってきますビックリマーク

{24E83B2C-B976-4AD8-82D0-EB0B186376E6:01}

しばらく干して、

再度、藍の液に浸け、また絞って干します。
乾いたら、水ですすぎ、
酢水に浸けて色止めして干します。
エメラルドグリーンから、
アクアブルーになってきました目
{7C6CCA5D-8B81-4EFC-9C2C-D00CA78D12FA:01}

私は藍液に羊毛もチョット入れてみました。
桜の枝の鉄媒染したものに
重ね染め~

脱水して毛解ししました。

1染目は青緑

その残液に入れたのは黄緑
下の薄茶が染める前の色。
{D4220C69-DFC4-4961-B028-231FEDF88A8C:01}
どの色もステキです❗️

私のシルクのスカーフは…というと、

グリーンがかった薄い水色になりました。

他の方のスカーフはブルーですが…


{55899696-B9A8-4FA8-B86B-B8A27475759E:01}

同じ分量の液で、
私は布と羊毛を一緒に染めたので

薄い色になりましたが、

水色でも緑でもない微妙な色が
とても美しいですドキドキ

持ち帰った枝を花瓶にさして、
根っこが出たらプランターに植えて育てます。
種を取り、来年は自家栽培の藍で染めよう~アップ

そうそう、自家栽培の棉から紡いだ糸を
染められたらいいなーニコニコ
また楽しみが増えました!
生葉染めは短時間で出来、簡単です合格

ラ・メール 伊藤実代子
ウェブサイトがリニューアルされました!
シンプルながら、キレイなページに仕上がりましたよ。
是非ご覧くださいラブラブ
|染織・レッスン