紡毛機で綿紡ぎ

今日からお盆休みを頂いております 

ラ・メールの伊藤です。

暑い夏はクーラーの効いたお部屋でないと

ウールを紡ぐ気にならないのですが、
節電したいし…
コットンなら 触っていても
羊毛より多少は暑くないかな。

長年使っている「トラディショナル紡毛機」
クィルスピンドルを付けました。
こんな感じ~
{AC43693B-79B6-4C17-8F7E-2439E2D499BE:01}
綿やカシミアなど細くて短い繊維を紡ぐ時は、
紡毛機のフライヤー部分を「クィルスピンドル」に取り替えます。

紡ぎ方は日本の糸車と同じやり方です~


右手で車輪を回し、
綿を持ってる左手を後ろに引き
反対回りに少しだけ戻し、
左手は糸をピンと張ったまま軸の上方に持っていき、
また車輪を回して糸を巻きつける…
左膝が痛ーい私は
椅子に腰掛ける方が楽なので
紡毛機で紡いでいますニコニコ
先日、ラ・メールに室屋清美先生が来られ
指導して頂きました!
{E95A6EA5-3B03-4653-9DBB-872A65A1202D:01}
この日、室屋先生は緑綿を持って来てくださいました。
無農薬の綿を栽培しておられるのです!
{0974488B-7215-4F8C-AC54-32E42F1F3DF9:01}

綿は白の他に茶色とグリーンがあります!

特にグリーンは柔らかくて、気持ちいいー

今年の秋 たくさんの緑綿が収穫されるといいですね!

そして、
私自身も棉を育てているので
(と言っても3本だけですがかお)
収穫して紡げるといいなぁ音譜と楽しみにしています。
ラ・メールでは
綿紡ぎの体験も受け付けていますよ~
{0E6EFC25-FCE7-4EDF-99E4-A0D6E800C5EF:01}
ラ・メール 伊藤実代子
lamer@lamerr.com