ラグと座布団、そしてスティック織りも

今日の手織り教室は

滋賀県から来ていただいている
二胡奏者の方。
前回のシャギーの座布団には
裏地を付けられました。
仕上げが美しい!
手先が器用で丁寧な仕事をされます。
いかにも「ハンドメイド」の野暮ったさがありませんビックリマーク
{6E4E0D83-9346-4CEA-ADCB-41C87C3D3FB6}

シャギーで余った毛糸は

ラグになりました。
これまたステキドキドキ
そして本を見て、スティックを使った織物も~
{B687E2D9-8E67-4BEF-89B8-D08787056AEC}
リジッドヘドル タイプの織り機を侮ることなかれ…
こんなに素敵な織物が作れるのですよ~

実は、独学でやってみたけど
スティックを使う意味や、
スティックを立てて開口する上手なやり方が
よく分からなかったとのこと。
今日はその説明と、組織図の勉強をしました音譜
なーるほど~って納得されたようでしたウインク
今日取り掛かった、4種類のサンプル織りを完成させ、
それを元にして
次の作品を仕上げてくださるのが楽しみですニコニコ
ラ・メール 伊藤実代子