Lamer :ラ・メール

Lamer :ラ・メール

メーカーサイト(自社サイト)http://www.lamerr.com/

ラ・メールの商品を見る

【所在地】京都市

ラ・メール株式会社は、以前オーシャン貿易株式会社で染織部門を担当していたスタッフが2007年12月に設立した会社です。
染め、紡ぎ、織りに特化した小さな会社ではありますが、この分野においては、国内NO.1と自負しております。

商社で輸出入のノウハウを学び、営業・事務の経験を積み、その傍ら、大好きな手仕事に触れるうちに、染め、紡ぎ、織りに魅了され、講師として技術を伝えつつ、自らも創作を続けています。
アシュフォード社から講師を招いてワークショップを開いたり、国内の作家さんによる講習も開催しております。

こちら京都には伝統の織物がありますが、ラ・メールが企画する織物は、京都の伝統の絹織物ではなく、羊毛をベースにした糸紡ぎ、手織りというものになります。
堅苦しくなく手仕事の楽しさを提案していきたいと思っています。

ラ・メールの販売するラ・メールルームは、教室を運営し講師として活動する中で、「生徒さんが楽に織り機を持参し、講習後持って帰って続きができるような織り機を作ろう」と思い、製品化させました。
当社企画+Ashford社製造のオリジナル商品です。
その他、糸撚り機やフリンジツイスターなど、ラメールオリジナル商品を次々と生み出しています。

ラ・メール 関連記事

オンラインレッスンに向けて

ラ・メール手織り認定講座 3月より休講していますが、 こんな状態がいつまで続くのかわからない不安を 解消すべく   オンラインレッスン開講致します。 今日はその調べ物と 資料、サンプル作成に精を出して 頑張ります!   おうち着物 今日も「たすき掛け」で 張り切ってる風…です(≧∇≦) ラ・メール 伊藤実代子    

8枚そうこうのケイティルーム

簡単に経糸(たていと)が通せます。 アシュフォード社のケイトさん直伝!   コンパクトなのに アームを上げたり下げたりすれば スペースを広く取れて 経糸通しがスムーズに出来る仕組み。 これで糸通しが楽々!   簡単な経糸(たていと)の通し方。 是非試してみてくださいね。   ラ・メール 伊藤実代子

営業日のお知らせ

新型コロナ感染拡大防止対策として 当面の間、営業日を 火曜日・水曜日・金曜日と致します。 発送が通常より遅れることがございます。   何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。  

糸紡ぎの練習 動画撮影してみました

ラ・メールの伊藤です。 少しずつですが動画撮影して、編集にも挑戦しています! これは、ラ・メール流の手紡ぎ/ショートドローからロングドローへの練習方法です。 これからも YouTubeに紡ぎや織りの動画をアップしていこうと思います。 是非チャンネル登録してくださいね。

コンパクトで8枚綜絖機 ケイティルーム

あとは経糸を筬(オサ)に通すだけ! で、途中で放ったらかしになっている ケイティルームです。         手紡ぎ・手織り・羊毛のラ・メール   毎日キモノ生活の伊藤実代子です。         畳むとこんなにコンパクトになるので、 つい放置してしまう💦(というのは言い訳です😅)     織巾30センチ 8枚そうこう。 試織だけでなく、 小物やマフラーも織れるサイズで使い勝手◎ おうち時間のある[…..]

管巻きの動画を撮影してみました

管巻きの動画を撮影してみました。 ペーパーボビンがあると便利ですが、無ければカレンダーなどを切って代用出来ます。 ご参考にしていただければ嬉しいです。             この投稿をInstagramで見る                     管巻きの動画を撮影してみました。 ペーパーボビンがあると便利ですが、無ければカレンダーなどを切って代用出来ます。 ご参考にしてい[…..]

S撚り?Z撚り?

糸を紡ぐ時、かせの糸を玉巻きにする時、フリンジを作る時、どちらに回したらいいの? 何となくわかっているようなわかっていないような。 まあ、いつも通りでいいか-って感じではないでしょうか? 手紡ぎ・手織り・羊毛のラ・メール 毎日キモノ生活の伊藤実代子です。 そんな疑問にお答えしようと思います。 まずは、、、 <糸の撚り方向について> 「S撚り」と「Z撚り」という言葉があります。 糸をよーく見てくださ[…..]

ラメールルーム手織り認定講座 新学期スタート

今週は手織り認定講座の 金曜クラスと日曜クラスが新たに始まりました。     手紡ぎ・手織り・羊毛のラ・メール  着付け教室も始めました   毎日キモノ生活の伊藤実代子です。       こちら京都は 台風の被害も無く、今日は穏やかに過ごすことが出来ました。 被害に遭われた方、一日も早く通常の生活に戻られますように、お祈り申し上げます。       第1回目の認定講座は基本をしっかりと覚[…..]

ページトップに戻る